電話確認なし借入れ

会社連絡なしで主婦がカードローンを契約するには

主婦でも収入があるかどうかで変わります

 

カードローンは原則支払い能力がある人が契約できるものです。そのため収入が全くない専業主婦の場合、単独でのカードローンの契約は難しいでしょう。会社連絡なしのものに申し込めばこっそり契約できると思われがちですが、会社連絡なしの場合は給料明細など、収入があることをある程度証明できるものを提出しなくてはなりません。パートやアルバイトを辞めてすぐであれば、辞める直前のもので確認手続きを終わらせてくれる可能性もあります。しかし会社連絡なしにするかどうか、どのような書類を提出させるかは金融機関側の判断によります。申込で嘘を書いていたことがばれると、信用を大きく失ってしまうことになるので注意しましょう。

 

旦那さんに連帯保証人になってもらう方法

 

実は全く収入のない主婦でもカードローンを契約する方法はあるのです。旦那さんに連帯保証人になってもらう方法はその1つです。ただし専業主婦の申込を受け付けている金融機関でないといけません。旦那さんの信用力を後ろ盾にお金を借りるわけですから、旦那さんの仕事について根掘り葉掘り聞かれることは覚悟しておきましょう。またしっかりと同意がなくてはなりません。また連帯保証人になった場合は旦那さんの信用情報に記録が残ります。使い方次第では旦那さんの信用を落とすことになりかねませんので、お金を借りる場合には十分注意をしなくてはなりません。もちろん支払いはしっかりと行い、支払いが厳しくなったら隠さず旦那さんにも相談しましょう。