電話確認なし借入れ

無職なら会社連絡なしで借入れができる可能性がある

会社連絡なしで無職の人が借入れをするには

 

無職の人の場合は、消費者金融からも借入れは難しい場合があります。ただし、無職ということを正直に申告する必要はありません。自宅でわずかでも収入を得ていたら、それで収入ありと見なされてお金を借りることができます。無職の人の場合は家で仕事をしていると申告すれば、自宅に電話がかかってきます。自宅に電話が来るので、会社連絡なしでお金を借りられるようになります。自宅に電話といっても、根掘り葉掘りいろいろなことを聞かれるわけではありません。その電話が番号が使えるかどうか確認するための電話のことが多いです。会社によって異なっていますが、自分が出て返事をするか、ただ電話がかかってきて、すぐ切れるかのどちらかになります。

 

自宅なら会社連絡なしは自然

 

自宅で仕事をしていることにしたら、カード会社は自営業と見なすことが多いです。例えば、ネットのオークションで物を売って販売している場合でも自営業として、カード会社に申告できます。審査が厳しくないところで借りるお金が少なかったら、収入証明の書類を出す必要もありません。ただし、借りるお金の金額が大きくなると収入証明の書類の提出を求められます。通常は50万円以上のことが多いですが、収入証明の書類を提出しなければならない金額は、カード会社によって異なっています。正規の仕事がない人だったら、多くのお金を借りると返済が大変なことが多いので、借入れの額は低く抑えた方が良いでしょう。低く抑えれば、収入証明の書類を出す必要もありません。